業務用ガスコンロ・業務用バーナーのことなら業務用厨房機器メーカーの東京サントクへ!業界トップクラスの火力を誇る火力と高熱効率、低燃費を実現した        東京サントクのバーナーは飲食店、食品加工業、製菓業、工場他多くの業界でご満足いただいています。

【TOPページ】 業務用ガスコンロ 業務用厨房機器メーカー バーナー 東京サントク

業務用ガスコンロ 業務用厨房機器メーカー バーナー 東京サントク 【自慢の火力!!サントクのバーナー】
フラッシュバーナー(FG型)
サントクバーナー(TG型、TGJ型)
ユニバーサルコンロ(SG型)
ハイパワー
マルチバーナー
テーブルレンジ(T型)
コンパクトレンジ(K型)
各種部品
カタログPDFダウンロード
一部製品販売中止のお知らせ

業務用ガスコンロ 業務用厨房機器メーカー バーナー 東京サントク 【器種選定ガイド・業種別バーナー導入事例】
飲食店
食品加工業
製菓業
工業用各種業務用関係
使用形態別・カロリー別
業種別バーナー導入事例

業務用ガスコンロ 業務用厨房機器メーカー バーナー 東京サントク 【安全に使用いただくために】
使用前の安全チェック!
注意すべき燃焼時の現象
日常のお手入れ方法
各商品注意書

業務用ガスコンロ 厨房機器 バーナー 強火力 東京サントク 【インフォメーション】
販売店紹介
社長からのメッセージ
会社概要
問合せフォーム

業務用ガスコンロ 業務用厨房機器メーカー バーナー 東京サントク
日常のお手入れ方法

  機種別 点検・お手入れ方法

 ■ フラッシュバーナー(FG型)

1.点検・お手入れは、器具が充分に冷えてから行って下さい。

2.点検お手入れは、定期的に行って下さい。
 注1 FG型汁受皿のお手入れ : 日常的に毎日くらい
 注2 火皿部分のお手入れ  : 一週間に一回くらい
 注3 混合部分、ノズルのお手入れ : 三ヶ月に一回くらい

3.ゴム管が古くなってひび割れたり、折れ曲がったり、器具にふれていたりしないか。元コックやゴム管口に充分に差込まれているか、時折点検して下さい。

 ■ サントクバーナー(TG型・TGJ型)

1.点検・お手入れは、器具が充分に冷えてから行って下さい。

2.点検お手入れは、定期的に行って下さい。
 注1 火口部の目づまり掃除     : 日常的に毎日くらい
 注2 ノズルチップの目づまり掃除  : 一週間に一回くらい

3.ゴム管が古くなってひび割れたり、折れ曲がったり、器具にふれていたりしないか。元コックやゴム管口に充分に差込まれているか、時折点検して下さい。

4. バーナー本体と金枠の間等(TG型)や本体の周囲(TGB型)にたまった煮こぼれ汚れは、常に早めに除去して下さい。気化管が腐蝕しやすくなり、ガスもれの原因にもなります。

 ■ ユニバーサルコンロ(SG型)

1.点検・お手入れは、器具が充分に冷えてから行って下さい。

2.点検お手入れは、定期的に行って下さい。
 注1 火皿部分のお手入れ     : 一週間に一回くらい
 注2 混合管部分、ノズルのお手入れ  : 三ヶ月に一回くらい

3.ゴム管が古くなってひび割れたり、折れ曲がったり、器具にふれていたりしないか。元コックやゴム管口に充分に差込まれているか、時折点検して下さい。

 ■ ハイパワー・ユニジェット

1.点検・お手入れは、器具が充分に冷えてから行って下さい。

2.点検お手入れは、定期的に行って下さい。
 注1 火口部の目づまり掃除     : 日常的に毎日くらい
 注2 ノズルチップの目づまり掃除  : 一週間に一回くらい

3.ゴム管が古くなってひび割れたり、折れ曲がったり、器具にふれていたりしないか。元コックやゴム管口に充分に差込まれているか、時折点検して下さい。

4.バーナー本体の周囲にたまった煮こぼれ汚れは、常に早めに除去して下さい。気化管が腐蝕しやすくなり、ガスもれの原因にもなります。

 ■ マルチバーナー

1.点検・お手入れは、器具が充分に冷えてから行って下さい。

2.点検お手入れは、定期的に行って下さい。
 注1 火皿部分のお手入れ  : 一週間に一回くらい
 注2 混合部分、ノズルのお手入れ : 三ヶ月に一回くらい

3.ゴム管が古くなってひび割れたり、折れ曲がったり、器具にふれていたりしないか。元コックやゴム管口に充分に差込まれているか、時折点検して下さい。

 ■ テーブルレンジ(T型)

1.点検・お手入れは、器具が充分に冷えてから行って下さい。

2.レンジ本体のステンレス切り口に、直接手を触れられる時には、手を切ることもありえますので充分にご注意ください。

3.火皿・汁受皿は、常にキレイな状態を保つよう定期的に、はずしてお掃除等お手入れを行って下さい。
 注1 火皿はアミ目の部分に煮こぼれが付着したままでご使用になりますと
    炎が正常に燃焼しないだけでなく、アミの消耗が早くなります。
    金ブラシ等でアミ目の掃除を行って下さい。

4.火皿の掃除をしても炎のバラつきがある場合は、バーナー本体はメインコックへの差込み式ですので、取外して煮こぼれ等の掃除をして下さい。

5.ゴム管が古くなってひび割れたり、折れ曲がったり、器具にふれていたりしないか。元コックやゴム管口に充分に差込まれているか、時折点検して下さい。

 ■ コンパクトレンジ(K型)

1.点検・お手入れは、器具が充分に冷えてから行って下さい。

2.レンジ本体のステンレス切り口に、直接手を触れられる時には、手を切ることもありえますので充分にご注意ください。

3.燃焼カバー・汁受皿は、常にキレイな状態を保つよう、時々はずしてお掃除等お手入れを行って下さい。

4.バナーの炎口部は、煮こぼれ目づまりをしていると、正常に燃焼いたしませんので、時折細い針金等で、目づまり掃除を行って下さい。

5.ゴム管が古くなってひび割れたり、折れ曲がったり、器具にふれていたりしないか。元コックやゴム管口に充分に差込まれているか、時折点検して下さい。

▲このページのTOPへ

COPYRIGHT(C)2007 業務用ガスコンロ・バーナー 東京サントク All rights reserved.